The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
いとしのジンギスカン鍋
2007-06-21 Thu 16:45
今日、物置に扇風機を取りに行くと、
隅に転がっている鉄の塊発見、それも2つ

その名は“ジンギスカン鍋

私の住んでる所は、福岡県の隅っこ

何でジンギスカン鍋?
それも2つ(実は昔3つあった)

実は私のお袋は北海道出身で、
我が家では焼肉といえば

「ジンギスカン」

と、言うほどポピュラーな料理で、
ジンギスカン鍋は我が家では必需品でした。

しかし今ではホットプレートに活躍の場を奪われ、
リストラに遭い、行方知れずとなり
家族の記憶からも消えてしまうのかと思われた
そんな中での十数年ぶりの再会でした。

しかしその姿は錆で覆われ昔の輝く姿は見る影もありません。

私は叫びました、
「おお~、痛ましい!ななな何と言う姿だ!

待っていろ、私が助けてやるぅぅぅぅ」


涙で前が見えません。

あらん限りの力で錆を擦り落とし、磨き上げ
最後の仕上げに油で拭き上げました。


するとそこには、


ジンギスカンを焼いた時に流れ出す
マッタリとした肉汁を鍋の淵まで流し込む芸術的なまでの
美しい流線形がクッキリと浮かび上がってきたではないか。

私はジンギスカン鍋を高々と天に掲げ叫びました。

「何と美しい!これぞジンギスカン鍋

だ!ジンギスカン鍋・・・・」
              
             

   
       完


『畳屋の中心でジンギスカン鍋を叫ぶ』 byとも
              

楽しんで貰えましたか?






これが例のジンギスカン鍋です。
↓↓↓


ジンギスカン鍋A

20070621171235.jpg 
   20070621171302.jpg





ジンギスカン鍋B

20070621171322.jpg     
   20070621171413.jpg



どげん?美しかろ。



FC2ブログランキング

↑↑↑↑
良かったらクリックしてね
20070614170127.gif




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:10 | トラックバック:0
<<祭りの準備 壱 | 打族-DAZOKU- | ウルトラマンの目線で・・・・・・・。>>
この記事のコメント
ジンギスカンナベ
初めて訪問しました。ジンギスカン鍋芸術品ですね。昔の道具って美しいものが多いです。大切にしていきたいですね。
2007-06-23 Sat 12:15 | URL | ぢどり長屋のきよじゅん #-[ 内容変更]
ぢどり長屋のきよじゅんサン、コメント有難うございます。

近頃は便利性を追求して
〝粋〟なものや〝アジ〟のある物が少なくなってきました。
それだけに〝粋〟なものや〝アジ〟のある物の
美しさが際立ってみえるのでしょうね。

きよじゅんさんの『ぢどり長屋』も
〝粋〟で〝アジ〟のあるお店ですよね。



2007-06-23 Sat 13:30 | URL | 酋長 #-[ 内容変更]
見つけちゃいました!
ブログへの書き込み、ありがとうございました。
こちらこそ、披露宴でのすばらしい演奏ありがとうございました。
一生の思い出になりました。
これからちょくちょくのぞきますからね!
2007-06-23 Sat 23:59 | URL | eau blanche #ZJmJft5I[ 内容変更]
美味そう~
‘若大将’を見て、ブログを覗きました。
お鍋さんったら綺麗に復活できて、嬉しそうhttp://blog107.fc2.com/image/icon/i/F9A9.gif" alt="" width="12" height="12">
大事にしましょねhttp://blog107.fc2.com/image/icon/i/F995.gif" alt="" width="12" height="12">
これからチョコチョコ 覗きに来まぁす 夜露死苦ぅhttp://blog107.fc2.com/image/icon/i/F8F6.gif" alt="" width="12" height="12">
2007-06-24 Sun 09:07 | URL | 234 #-[ 内容変更]
見つかりました。
いや~、おねーサンに見つかりましたね。

つたないブログですが、たまには覗いて下さい。
2007-06-24 Sun 14:43 | URL | 酋長 #-[ 内容変更]
234サン、コメント有難うございます。
‘若大将’=(町の若者?商人数名で月2回発行している合同チラシの名前)
見てくださいまして、有難うございます。

これからも‘若大将’、“このブログ”共々

   「夜露死苦」。←久しぶりに聞きました
2007-06-24 Sun 14:56 | URL | 酋長 #-[ 内容変更]
鍋Bのことです。
 初めまして。小生はジンギスカンのことをあれこれ調べておる者です。
 友人の一人が鍋の収集を始めると宣言、先日、あなたの家にある鍋B(小生はウールマーク型と呼ぶことにしました)と同形の鍋を手に入れたのですが、いつごろの製品なのかを知りたくても、手がかりがありません。おたくにこれの外箱が残ってませんでしょうか。
 あなたの説明によると「十数年ぶりの再会」とありますので、昭和60年代には使っておられたということですね。お母さんが北海道出身で嫁入り道具として持参されたということでしょうか。できましたら、お母さんからそうした情報を聞いて、教えていただけませんか。
 鍋Aは鍋Bより遙かに新しいようにお見受けしますが、それにしてもいつ頃、何印という情報があるわけでなく、取っ手の形からの判断ですので、あたなかお母さんが記憶されていることがありましたら、ぜひ教えて下さい。
 なお、小生がサポートしている尽波さんのホームページ「現場主義のジンパ学」のURLは下記です。至極真面目な研究ですから、ちらっとでも見てください。よろしくお願いします。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Circle/2248/jinpa12.html

2007-08-15 Wed 18:13 | URL | 24研 #-[ 内容変更]
鍋Bのことなんですが
ジンギスカン鍋の事で真面目に質問されたので、驚いています。

母が言うには、購入したのは鍋Bは鍋Aより新しいとの事です、

鍋Bの購入期日は良く覚えていないとの事ですが、約35年前位じゃなかったかなと言っています。

あまり参考にはならなくてすみません。
2007-08-17 Fri 22:43 | URL | 酋長 #-[ 内容変更]
ありがとうございました。
 35年ぐらい前というと、昭和45年~55年ということですね。しかしも、鍋Aの方が古いとなれば、そちらは昭和40年代の買い物ということですね。
 これだけでも貴重な情報です。なにしろ鍋の変遷については殆ど調べられていないのです。配布または発売時期が明確なのは、小生のお知らせしたホームページのトップ下の2つの絵の鍋と、ほか2種ぐらいです。
 鍋Aの底に「MADE IN JAPAN」など何か字は鋳込まれていませんでしょうか。焼き面の頂上部に5つの突起があるように見えますが、これは他にない特徴で、メーカーはよその製品と見分けられるようデザインしたと思われます。
 また再会されたとき、鍋Aの直径(底面での最大直径)を測って、一緒に教えていただければ、願ったりかなったりであります。

2007-08-20 Mon 03:31 | URL | 24研 #-[ 内容変更]
 追加です。友人が鍋Bを使ってみたところ、直角の溝になっている脂
だまりに3ミリぐらいの穴が3つあるのを見付けたそうです。
 写真ではよくわかりませんが、同じ鍋なら、酋長さんの鍋Bにもある
はずですね。
2007-08-21 Tue 05:00 | URL | 24研 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 打族-DAZOKU- |

FC2カウンター

負けないぞ~!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。